4K映像素材のリアルタイム編集に対応。プロフェッショナルの為の超高速ワークステーションComstation シリーズ。

4Kノンリニア編集機のComstation X

新着情報

4K編集に対応する処理性能 Comstation 4K

2013.04.17更新

Comstation 4KはフラグシップモデルであるComstation TEを4K編集に対応させたモデルです。
今後、主流になってゆく4K映像編集はこれまでの倍以上のデータを取り扱うことになります。
最高峰のCPUパワーはそのままに、データ転送速度やインターフェイスに重点を置き、様々なワークフローに対応できるモデルとなっています。

mainspec

CPU Intel Core-i7 Extream Edition 3970X
メインメモリ DDRIII 1600 8GB*8 64GB
VGA nVidia Quadro K5000 (GDDR5 4GB)
Sys-Disk Intel SSD 240GB *2 (7200rpm Raid 0)
AV-Disk 2TB HDD * 4 (Raid 5/実効容量6TB)
光学ドライブ BD書き込み対応スーパーマルチ

外部インターフェイス
ソフト・レコーダー・媒体により、多種にわたる選択肢がございますのでお客様のワークフローに合わせた製品をご選択ください。
4Kキャプチャインターフェイスカードは従来のキャプチャカードでは対応できない、大容量データの同時処理を行います。
AstoroDesign HR-7510レコーダーからのデータ転送用のI/Fは速度を重視したSASインターフェイス、SxSやCFカードからのデータ転送はUSB3.0などお客様のご要望に応じたインターフェイスをご用意しています。
カメラの撮影フォーマットに応じた現像ソフト、各種ファイル管理、変換用のソフトもインストールにも対応いたします。

ご質問、導入のご検討などございましたらお問い合わせもしくはお電話(048-883-9629)ください。 
担当:新藤