グラスバレー株式会社の編集ソフトEDIUSがメジャーバージョンアップでEDIUS 7になりました。
バージョンは二つ。PROとEliteが用意されています。

進化したポイントとしては
主に4Kへの対応への強化が謳われています。
・XAVC,AVC-ULTRA,EOS-1D Cなどへのネイティヴ対応
・Windows7,8 64bitへのネイティブ対応によりメモリの最大使用量の増加
・サードパーティ製I/Oハードウェアへの対応
・最新CPU(マルチコア及びIntel第4世代CPU/Haswell)を使用することによってタイムライン上にSD,HD,2K,4Kなどの異なる解像度の素材をならべても、リアルタイムでの編集が可能。
とのこと。

発売はまだ先のようですが盛り上がってきている4K編集に大きな力となればいいですね。

またProとEliteの何が違うかというところは
Pro:プロフェッショナルスタンドアロンの編集環境をターゲット
Elite:ネットワーク接続制作環境向け。グラスバレー製ターンキーHDWS,REXCEEDに搭載。複数の編集端末からの同時編集、K2サーバへの直接保存、インジェストほか、ライブ映像のリアルタイム編集が出来る機能を搭載したGV STRATUSやGrassvalley K2 メディアサーバーとシームレスな統合を実現
とあります。
EDIUS 6 のBroadcastと無印の時のようなスタンドアロンの編集環境に厳しい制限が加わっているわけではなさそうなので一安心ですね。
あとは6.5の時に無くなったサードパーティ性プラグインの復活があるかどうか。
6→6.5のサードパーティ製プラグインは、サードパーティの対応次第というアナウンスでしたが結局ほとんどの物が対応せず・・という状況でした。
初めからなければないでつかわないので問題は無いのですが4や5からアップデートで使われている方は相当な不便と強いられたという情報を聞きますのでちょっと気になるところですね。

公式ページは↓からどうぞ
http://www.grassvalley.jp/press_releases/2013/edius_7.php