4K映像素材のリアルタイム編集に対応。プロフェッショナルの為の超高速ワークステーションComstation シリーズ。

4Kノンリニア編集機のComstation X

新着情報

H.265/HEVCコーデック

2013.10.11更新

2013y10m11d_155829781
4K映像が浸透するにつれ、そのデータの大きさから移動などで扱いづらいという問題が出てきています。
youtubeでもオリジナルサイズのアップロードなどが出来るようになっていますがあまりに大きすぎるデータは扱えません。
そこでH.264の進化系であるH.265が登場しています。
策定しているITUとしては「次の10年をサポートする規格」として発表されています。
H.264が登場したときもその圧縮率に驚いた物ですがH.265ではH.264の2倍といわれ、8K映像までサポートしているようです。
ただ、容量が1/2になるということはそれだけ圧縮過程などが複雑化しているという側面も持っており、エンコードする際の負荷や再生する側の環境にかかる負担は増加する気配。
コンピュータの世界の進歩はめざましいものですので、これらの負担が気にならないほど高性能化していくという流れならいいのですが前の10年に比べ今後の10年はコンピューター分野の進歩スピードは遅くなるといった見通しが出ています。
とはいえH.265は浸透していき、スタンダードな位置付けとなるでしょうから再生環境についても特化したものが現れる可能性も高いです。

先日RoviからH.265ビデオの作成と再生に対応したDivX 10が無償で公開されましたので気になるかたは試してみては如何でしょうか?
http://www.divx.com/