4K映像素材のリアルタイム編集に対応。プロフェッショナルの為の超高速ワークステーションComstation Xシリーズ。

4Kノンリニア編集機のComstation X

新着情報

MAC新製品発表会 Macbook Pro,Mac Proまとめ

2013.10.23更新

10/22(日本時間で23日)にAppleの新製品発表会がありました。
先刻の予想通り、ipad、ipadmini、OS 10.9 mavericks、Macbook PRO、MAC PROの発表だったようです。

Mavericks
ipad、ipadminiは余り関係ないのでOS10.9 mavericksから。
主にOSによるCPU使用効率の向上、GPU最適化、RAM圧縮技術などが発表されました。
CPU使用率の向上によって省電力化ももたらされています。
フル充電の13インチMacBook Airをつかって約1時間、ブラウジングできる時間が伸びた、とのこと。
RAM圧縮は使用していないメモリデータを圧縮することによって4GBのRAMに6GBのデータを詰め込むことが出来るそうです。
GPUに関してはOpenCLのサポート。AMDメインで搭載していた割にはやっと対応か、といったところ。
他には掛かる負荷の度合いに合わせてGPU RAMの割り当てが変更される模様。
しかし、Mavericksの最大の目玉は 無料 ということでしょうね。
Mavericksを搭載できるMACは
2007:iMac、Mac Pro
2008:MacBook Air、MacBook、 Mac Pro
2009:Mac mini
それ以降(2010年製以降)のMacです。
ダウンロードは本日より可能です。

Macbook Pro
13インチと15インチの2モデルが発表。
共通仕様としては
MagSafe 2電源ポート
Thunderboltポート(最大20Gbps) x 2
USB 3ポート(最大5Gbps) x 2
HDMIポート x 1
ヘッドフォンポート
SDXCカードスロット
などなど。

13インチ(3グレード)
Retinaディスプレイ:標準解像度:2,560 x 1,600ピクセル(Retina)、スケーリング解像度:1,680 x 1,050、1,440 x 900、1,024 x 640ピクセル
CPU:Haswell世代のCore-i5を搭載(オプションでi7あり)
メモリ:4GB,8GB(オプションで16GBあり)
ストレージ:128GB,256GB,512GB(512GBモデルのみ1TBオプションあり)
バッテリー関連が強化され
最大9時間のワイヤレスインターネット閲覧
最大9時間のiTunesムービー再生
最大30日のスタンバイ時間
71.8Whリチウムポリマーバッテリー内蔵
が謳われています。
標準価格は134800円~

15インチ
Retinaディスプレイ:標準解像度:2,880 x 1,800ピクセル(Retina)、スケーリング解像度:1,920 x 1,200、1,680 x 1,050、1,280 x 800、1,024 x 640ピクセル
CPU:Haswell世代の4コアCore-i7(オプションで2.6GHzまであり)
メモリ:8GB,16GB
ストレージ:256GB,512GB(オプションで1TBあり)
GPU:Intel Iris Pro Graphics、NVIDIA GeForce GT 750M
バッテリー関連は
最大8時間のワイヤレスインターネット閲覧
最大8時間のiTunesムービー再生
最大30日のスタンバイ時間
95Whリチウムポリマーバッテリー内蔵
が謳われています。
標準価格は204800円から

MAC PRO
映像編集に関して一番気になるのはやはりこのMac PROですね。4K対応などなどどうなったでしょうか。
CPUはIntel XEON E5の4コア~12コア。一番下のグレードは3.7GHzQuad-coreらしいのでE5-1620v2でしょう。
40レーンのPCI Express3.0・・これはSandybridge-EPからの仕様です。
グラフィックはやはりAMD Firepro。モデルナンバーはD500と公表ですがこれは恐らく専用ナンバー。私の見立てだとFirepro S10000ではないかと。
一番下のグレードのD300はおそらくS7000辺り。
発熱性は高いが特殊な形状による煙突効果によってスムーズに排熱される。
4Kモニタ3台の同時接続が可能、Thunderbolt2での接続は強いですね。
発売日は具体的な発表はありませんでしたが12月で価格は$2999から。

4Kの編集についてもスムーズに出来そうです。
ハードウェアとして1世代遅れの感がいなめなかったMac Proですが、今回は最新のスペックで登場、ということですね。
4K対応というのはシェアをとる上で非常に重要であるということをAppleが打ち出した、と考えられるでしょう。