新型Macproも発表されMacbookproとともに既報どおりThunderbolt2端子が搭載されています。
Thunderbolt2は帯域が10Gbpsという前世代の倍の20Gbpsという高速な転送能力を持っています。
それを生かすには接続されている側の機器も対応できていなければなりません。
というわけで、現在発表されているThunderbolt2対応機器(対応予定機器)です。

AJA io4K
ノンリニア編集のI/Oとして名高いAJAのioシリーズ
Thunderbolt2端子を得て4K対応となった製品です。
対応ソフトは
Final Cut Pro X
Adobe Creative Cloudシリーズ
Telestream Wirecast 5
AJA Control Room
が発表されていますね。
4K/UltraHD/HD/SDの入出力
4本の双方向3G-SDI
4K/UltraHDのHDMI I/O
SDIとHDMIの同時出力
HD-SDIとHDMIでのモニタリング用としてリアルタイムに4KをHDへダウンコンバート
高精度な10-bit 4:2:2と4:4:4ワークフローをサポート
2つのThunderbolt 2ポートでホストPCとの接続とデイジーチェーンによるディスプレイ、ストレージ等の接続が可能
などなど公式で発表されています。
発売、価格、ともに未定
http://www.ask-corp.jp/news/2013/09/aja-io4k-thunderbolt2.html130917_io4k