4K映像素材のリアルタイム編集に対応。プロフェッショナルの為の超高速ワークステーションComstation Xシリーズ。

4Kノンリニア編集機のComstation X

新着情報

Panasonic 世界初の4K30pウェアラブルカメラ発表

2014.05.15更新

jn140513-1-1
Panasonicは6/12より世界初の4K30p撮影が可能なウェアラブルカメラ「HX-A500」を発売することを発表しました。
4KウェアラブルといえばGopro Hero3+ですがこちらも30pをうたっていたような・・と調べてみると30pは2.7Kまででした。
Panasonicが強調する世界初は正しいようです。
Goproと対照的に本体とカメラの2体型構成。
ウェアラブルということでカメラ部は軽いほうがいいんじゃないか?という発想から2体型構成になっているとのこと。
確かに、ヘッドマウント時などはカメラの重量は極力軽いほうがいいでしょうし、そのほかの部分に取り付ける場合でも小型な方がいいですね。本体部にはディスプレイが付いており撮影時の角度なども容易に確認できます。
手振れ補正と傾き補正もかなり強力なものが付いているとのこと。
ウェアラブルは元々固定する場所自体が動くことが多いので傾き補正などは必要なのか?と思ったりもしますが、必要なシチュエーションのときは重宝しますね。

撮影モードおよび転送レートは
通常撮影モード
3840×2160/30p:最大72Mbps
1920×1080/60p:最大28Mbps
1920×1080/30p:平均15Mbps
1280×720/60p:平均15Mbps
1280×720/30p:平均9Mbps
848×480/30p:平均4.5Mbps
スローモーションモード
1920×1080 60fps/30p:平均15Mbps
1280×720 120fps/30p:平均9Mbps
848×480 240fps/30p:平均4.5Mbps

記録方式はMPEG-4 AVC/H.264

となっています。
Panasonicプレスリリース
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/2014/05/jn140513-1/jn140513-1.html