4K映像素材のリアルタイム編集に対応。プロフェッショナルの為の超高速ワークステーションComstation シリーズ。

4Kノンリニア編集機のComstation X

新着情報

BlackmagicDesignが認識されないッッ!

2017.07.03更新

今I/Oの主流と言っても過言ではないくらいのBlackmagicDesign製品。
AVID DNXioのハードウェアに正式採用されたのも記憶にあたらしいところ。
非常に便利で低価格な同社製品ですが、WindowsのVer.などによりちょっとしたトラブルに合うことも多かったりします。

タイムリーなところで私の担当しているお客様の製品でのこと。
Decklink 4Kを搭載の新規マシン。
本体が正常に動くことを確認し、Decklinkを装着。
ドライバ導入後、BMDControlpanelを開くとそこには・・・
無常にも”NO VIDEO DEVICE”の文字が・・・
搭載→ドライバ→起動ですんなり動いてしまうことが普通なBMD製品なので導入でのトラブルは色々調べなければいけない感じです。

まず、人為的なミスがないかを確認、コレはOK。
まぁ認識していないので板を差すのとドライバだけなのですが。
デバイスマネージャで確認すると”!”がついております。
幸いにして”不明なデバイス”にはなっておらず製品名が出ているのでちょっと安心。
とりあえずドライバを別のバージョンにして入れ替えてみる。
BMDの公式ページのサポートからダウンロードできるのですが古いVer.のものにも遡れるので非常に便利です。
4種ほど入れ替えても何も進展はなし。

こうなったら・・・・WEBで情報収集。
しかしコレも有効な回答が得られずイマイチ。
ならば!BMDサポートコールというラストリゾートにかけてみる。
するとmaicrosoftのWindows修正プログラム”kb3033929”を入れるとおそらく解決すると思います。
とのこと。さすが公式!
というわけで”kb3035131”をダウンロードしインストールして無事完了、といきたかったのですがなんと、”kb3033929”はお使いのコンピュータには適用できません。とのお言葉。
なぜ、適用できないかを調べると、”kb3035131”という前提プログラムが必要との情報
”kb3035131”を適用すると”kb3033929”が適用可能になり、デバイスマネージャから”!”が消えました。
再起動してBMDControlpanelを開くと・・・入力が選択できる画面が!
実際にビデオデバイスを入力してみると問題なく入力が表示されました。

ドライバが上手く入らない、という昔はよくあったエラーですがしばらく起こっていないことだったので久々の対応に骨が折れました。
(※WindowsUPdateを最新まで進めれば上記の”kb3035131”と”kb3033929”は適用されるようです。)