4K映像素材のリアルタイム編集に対応。プロフェッショナルの為の超高速ワークステーションComstation シリーズ。

4Kノンリニア編集機のComstation X

新着情報

編集ソフトとGPU

2017.09.19更新

マシンスペックを決める上で大きな要素の一つとなるのがGPU。
GPUは新しければ高性能、この考え方もあながち間違ってはいません。
デバイス面においての技術は日進月歩ですし、実際に絶対性能だけでなくワットあたりのパワーと言う面でも向上しています。
ではなぜ選択に悩むのか?
いくつかの要素で悩むのですが、コスト、ソフトの対応、画面出力などでしょう。
コストに関しては割愛するとして、画面出力はDVI,HDMI,DPなどがありますがディスプレイ側で対応するという選択肢もあるのでさほど迷うことはないはずです。

一番の悩みは対応ソフト。
この場合のソフト対応というのはGPGPU(CUDAやOpenCL)そのものを指す場合と、GPUの型番を指す場合があります。
例えばCUDAに対応していいてもGeforce全てに対応しているとは限らないのです。
まず自分が使うソフトにGPUが対応しているかどうかを判断する必要があります。
対応していなければせっかく高いグラフィックカードを搭載しても無駄です、なにせソフト側でそのGPUを使用することができないのですから。

 

例えばEDIUS。
動作環境にGPUは別段盛り込まれていません。
厳密には盛り込まれていますが現在のGPUでその性能を許容していない製品がありません。
この場合、まぁ平たく言うと「何を積んでも変わらないよ」、ということになります。
ただし、画面の描画という面においては必要になるので4Kなどをやる場合にはそれなりのものを搭載する必要があります。
EDIUSで使用できるGPUによるハードウェアエンコードはIntelCPUに搭載されているQSVのみです。
GPUよりもQSVが使用できるCPUを搭載したほうがエンコードに割く時間は短縮できます。

コレがAdobeアプリケーションになると大きく変わります。
Premiere Pro CC2017やAfter Effects CC2017などですとCUDAやOpenCLには標準的に対応しています。
CUDA:nVidia(Geforceシリーズ、Quadroシリーズ)
OpenCL:AMD(Radeonシリーズ、Fireproシリーズ)
じゃぁ、各々搭載しているGPUを使えばいいじゃない、という話なのですがそうもうまく行かず。
AdobeCC2017ではGPUの型番が指定されています。
AE
https://helpx.adobe.com/jp/after-effects/system-requirements.html
Premiere
https://helpx.adobe.com/jp/premiere-pro/system-requirements.html
上記が対応GPUリストです。
ズラッと型番が並んでいますがよく見てみると
AMD FirePro Wx100
AMD Radeon HD 8xxx
NVIDIA Quadro M
NVIDIA GeForce GTX 7xx
上記シリーズまでしかサポートリストに乗っていません。
コレがなかなか曲者で最新GPUは
AMD FirePro Wx100(現行)
AMD Radeon R9 5xx(3世代)
NVIDIA Quadro P(1世代)
NVIDIA GeForce GTX 1xxx(2世代)
とかなりのズレが有ります。
サポートリストに掲載されているGPUは絶版モノも多く買えないものも多い状況です。
じゃぁどうするのか?
Aftereffectsの場合アプリケーション内の設定にサポートされているなGPUを使用するというチェックボックスが有ります。
それを有効化することによって使用することができるようになります。
しかしながら、レイトレースでのエラーがが出ることも多いようです。
年内に各最新のグラフィックカードがリストされるとの情報もありますのでそれを待ってもいいかな、という状況です。