Windows7の延長サポート終了と映像編集

Windows7の延長サポート終了迫る。

Windows7の延長サポートが2020年1月14日で終了します。
サポートってなんだ?映像編集業務にどういう影響があるのか?
説明します。


《Microsoft OSサポート期限》


Windowsのサポートと言うのは2種類あり、機能更新プログラムとセキュリティ更新プログラムが提供されるメインストリームサポート、メインストリームサポートが終わってから始まるのがセキュリティ更新プログラムを提供する延長サポートです。

■ノンリニア編集PCにどんな影響があるか

2020年で切れるのは延長サポートです。
Microsoftは常にPCに関するウイルスやマルウェアと言った脅威を取り除くためにアップデートを繰り返しています。みなさんもよくご存知のWindowsUPdateです。
延長サポートは機能更新が終わったOSのウィルス対策などの脆弱性を塞ぐセキュリティアップデートを行うサポートでコレが切れてしまうと、OSにウィルスなどが浸けこむ穴が見つかってもアップデートで脆弱性を修正することが出来ません。

現在のノンリニア編集PCに使用する編集ソフトは大部分がインターネット常時接続でライセンスの確認を行っています。(例:EDIUS pro8以降、Adobe CC以降)
ということは否が応でもインターネットに繋がなければなりません。
サポート終了で脆弱性に対する修復プログラムが適用されなくなると、そこから、ウイルスやマルウェアに感染する可能性が上がります。

新しい機材が動かない!?


周辺機器などは新しいものを作るときにPCで動作させるのに必要なドライバーをデバイス製造メーカーが用意するわけですが、サポートが終了したOSは今後増える可能性がないのでそういったOS用のドライバーを用意しなくなります。
4K対応、8K対応、HDR対応など新しい技術が使われたデバイスが次々に登場する現状ですから、最新の機材に対応できない、という状況は顧客の要望に対応できない、という事態にもなりかねません。

これではそのまま使い続けることは得策とはいえません。

コムワークスでの対応

コムワークスではWindows10に適応するPCかどうかを判断し、現在のファイル・データを移行、使用可能なソフト(windows10対応かつ、インストールメディア、シリアルなどの情報が揃っているもの)も移設します。
詳しくはこちらをご覧ください

また逆にwindows10では動作保証がされていないソフトもございますのでご注意ください。
windows 10で正式対応しない編集ソフトウェア
Grassvalley EDIUS NEOシリーズ
Grassvalley EDIUSの Pro 7以前のシリーズ
Adobe CS シリーズ
Adobe CC 2014以前のシリーズ
Sony Vgas Pro 13以前のシリーズ

好評いただいているComstationシリーズはもちろんWinodws10にて提供しておりますので、お買い替えでも安心。
現在使用しているマシンのファイル、データ、インストール可能なソフトを移行し、現環境に近い環境を構築し提供することが出来ます。
Comstationシリーズラインナップ

もちろん個別のお問い合わせ、ご相談もお受けしております。
お問い合わせ