ライブ配信でのキャプチャボードの選び方

captureimg

映像の取り込みをするキャプチャカード

Live配信は大まかに分けて2つのパターンがあります。
一つはデスクトップキャプチャといい、PC上の画面を配信するものです。ゲーム実況などに用いられます。
もう一つはカメラやその他の映像ソースから取り込んだものを配信する方法で演者がいる場合や実際の収録を伴うものはこちらです。
前者の場合は仮想カメラをインストールするか配信ソフトにそういった機能がついているものを使用します。
後者の場合、キャプチャボードを組み込んで映像の取り込みを行います。
キャプチャボードの選択基準は
1.入力だけか、出力も必要か?
2 enlignepharmacie.com.必要な入力形式はなにか?
3.カメラデバイスや入力デバイスとして認識するか?
となります。

1.出力について

出力があると入力に来ている信号をそのまま出力側にパススルーで表示できます。
もちろんPC画面の配信用ソフトのプレビュー画面にも同じ映像が映っているのですが配信画面だけを大きくプレビューする場合に使用します。
現場で複数人で配信画面を確認しながらという場面で主に使用します。

2.様々な入力形式

実際のカメラを接続するとなるといろいろな接続形式があります。
通常の民生向けのカメラならHDMI、業務用カメラならSDI、昔のデッキをアナログで接続するなど、たくさんの入力端子があります。
コンバーターを使って変換して接続、ということも考えられますが通常はメインで接続する入力端子を持ったボードを基準として選択します。

3.デバイスとしての認識

これはどちらかというと配信ソフト側の問題だということが多いのですが、追加したキャプチャボードをカメラデバイスとして認識するか確認が必要です。
OSBなどのメジャーソフトにBMDなどのポピュラーなボードであればだいたい問題はありません。

以上、キャプチャボードの選び方でした。