ライブ配信用スイッチャーのお話

スイッチャーはもはや当たり前

複数のカメラを使った配信、個人だとなかなかやることがありませんが仕事となると寧ろそれが「あたりまえ」だったりします。
カメラだけでなく、配信中に動画を挟んだり、Bleak画面を表示したりかなり使い手があります。
Switcherは大きく分けてソフトウェアスイッチャーとハードウェアスイッチャーがあります。

ハードウェアスイッチャー

ATEMmini
スイッチャーという機械に接続してスイッチングするのが機械式スイッチャーです。
利点としては非常にわかりやすいことが挙げられます。
合う規格のものを接続すれば入力され、ボタンを押せばどの入力ソースを出力するか選べます。
デメリットとしては別体の機械なので持ち運びに荷物になります。
最近の使いやすい製品としては
BlackmagicDesign ATEM miniシリーズがあります。
スイッチングはもちろん、PinP(ワイプ)やトランジションなどを機械だけで設定ができます。
PCとLANで接続してソフトウェアスイッチングも可能、各トランジションやPinPの調節もできます。

ソフトウェアスイッチャー

OSBStudio
以前は色々なソフトがデていたのですが最近は配信用のソフトに同梱されることが多くなりました。
メリットはPC内にあるファイルやPCの画面を手軽に配信できる。
ある程度まではコストパフォーマンスが高い
デメリットは複数のHDMIやSDI入力が必要なときにそれに対応するキャプチャボードなどが入力数分必要になりコストが上がりやすい。
無償の配信ソフトであるOBSスタジオのスイッチング機能は必要十分ともいえます。

ハードウェアスイッチャーからPCに接続し、OBSなどを介して配信する場合にはソフトウェアスイッチャーも同時に使えますので必要に応じて使い分けると更に表現の幅が広がります。
ライブ配信に関するコンテンツ総合ページ
erektilemed.de