映像編集にwindowsを使う理由

映像編集や画像、デザイン分野に於いてMACは普及してきました。
その裏にはMACのデザイン分野に関する優位性が有りました。
しかし、現在のMACの内部構成はほぼWindowsと変わらない構成になっています。
デザイン系のソフトでもっとも有名なものといえばPhotoshopやillustratorなどのAdobe系のソフトで元々MAC対応品だったためデザインといえばMAC、その流れの延長上にFCPなどがあり映像編集分野でもMACが長らく使用されてきました。
しかし、2003年辺りからAdobe社製ソフトがWindows対応になり、Windowsでのデザイン、編集も増加。
いまや、Windows、MACともに変わりないクォリティで編集、デザインが可能となりました。

WindowsとMACを比べるところとしてプラグインやかゆいところに手が届くソフトがどれだけあるか?というところにも注目したいところです。
MACの場合、その多くはAppleの認証を受けたソフトでストアからダウンロードすることなどにより安全に使用できるというメリットがあります。
Windowsの場合、特にMicrosoftの認証というようなものはありません。
有償のソフトから無償のものまで幅の広い選択肢がWindowsの優位性といえます。
有償の定番ソフトはもちろん、意外な機能をもつフリーソフトを見つけることもあります。

WindowsPCは汎用性の高い部材で構成されていることが多く、その機種で認定された部材でしか動かないということがない場合がほとんどです。
たとえば故障やトラブルが発生した場合、同製品でなくても接続規格さえあっていればPCパーツ店などで販売されている一般のパーツに換装することで解決することができます。
また、4Kを編集するにあたって必要なマシンスペックを現状で使用しているマシンをベースに計算することで追加パーツでグレードアップをし、4K編集を行えるマシンまでスペックを引き上げることが可能となる場合もあります。

弊社のマシンやサービスを念頭にお話をすると
お客様の使いたいソフト、必要な機能をインストールして提供することができる。
お客様の必要な機能を持つハードウェア(SDIボードなど)を追加して提供することができる。
万が一の故障やトラブルにも早期の修理や現地での対応ができる可能性が上がります。

弊社の編集機はお客様のご要望に応じて柔軟にスペックを組み替える事が可能です。
ご希望のスペック、要件をお伺いし最適なスペックをご提案いたします。
お問い合わせからお気軽にご相談下さい。

Comstation TE4K
https://comstation.jp/nonlinear/lineup/comstationte4k/ lasix hinta