外付けHDDからNASに移行するメリットは?

高速ネットワークで4K編集にも対応した映像編集NASシステム

渡り編集用ストレージ・バックアップストレージの1台2役

従来の映像用サーバーにはSAN(Storage Area Network)では通常に接続するとバックアップストレージとしての機能は果たす事ができても渡り編集(日によって編集者が空いている編集機を使い、編集者が決まった編集機を占有していない状況)への対応はできませんでした。これはSANでは各編集機に対してサーバー内の特定のエリアを占有で割り当てるからです。(専用ソフトウェアを導入することで可能にはなります。)もちろん、この方式にも良いところはあります。ブロックベースのアクセスになるのでファイルベースアクセスのNASに比べネットワーク負荷が軽く結果として転送速度が速くデータベースシステム、バックアップ / アーカイブなどの構造化データの管理に適しています。しかしながら編集用の共有ストレージとしての運用となるとファイルを共有できないのでは共有ストレージとしての魅力が半減してしまいます。QNAPはファイルベースのアクセスになりますのでもちろんファイル共有は可能です。また、NASでありながらSANと同じくブロックベースのアクセスも可能です。(「ファイルベースのアクセスエリア=共有スペース」として運用)と「ブロックベースのアクセスエリア=各編集機個別エリアとして運用」を同居させることも可能)
さらに10GbE高速ネットワークに対応する事で転送速度の問題もクリアしNASに保存した4K素材を10GbEネットワーク上の各編集機からの直接編集に対応、渡り編集にも対応し編集者の待機時間を大幅に削減いたします。(従来のLAN環境(1GbE)でもHD画質であれば直接編集に対応可能)

低コストで導入可能

QNAPのNASは、大容量で高性能でありながら、従来のサーバーに比べ大幅に安価に導入できるのがメリットです。映像用サーバーにはSAN(Storage Area Network)での接続が一般的でした。この場合、専用の光回線ネットワークを組む必要があり導入、運用時に高度なスキル・知識が必要なので専任の担当者を置くのが一般的で、また各種機材の価格も非常に高価格なため導入コストが数百万~数千万単位+専任エンジニア費用となり中小企業では導入をあきらめざる得ないが殆どでした。しかしながらでQNAPのNASは従来のLAN回線をそのまま使う事も可能です。(10GbE接続にはCAT6A以上のケーブルが必要。)さらに各種機材の価格も安価であり運用に特に専任のエンジニアが不要なため十万~数百万と圧倒的低コストで導入可能です。

安心の購入前相談&導入サポート

SANに比べ導入が比較的簡単なのは確かですが、やはりそれなりの知識や技術が導入には必要です。弊社では長年つちかってきた経験に基づきお客様に最適なソリューションの提案をさせて頂くと共に可能な限り弊社内でIP、RAID、ストレージプール、スナップショット等各種設定後に発送させて頂きますので多くの場合、お客様は機材を接続して電源を入れるのみでご使用いただけます。(どのような設定が必要か不明なお客様も多いと思われます。その場合、弊社にご相談いただけましたら弊社にて最適機種および設定をご提案いたします。)また、現地にお伺いしての設置設定も可能ですので必要な場合は別途ご相談ください。

映像編集用NASシステム