comstationDv

DaVinci Resolve におけるPC構成の特殊性

動画編集用PCを選定する場合にPCのパーツ構成が重要なのはどの編集ソフトも同じですが,DaVinci Resolve の場合はパーツ構成を選ぶ際の選定基準が他の動画編集ソフトと少々異なる事もあり中々に選定が難しいのが現状です。

ネットで調べてみると「ハイスペックPCが必要」か「高性能でなくてもOK」と両極端な意見がかなり多くみられます。これはある意味「どちらも正解であり、どちらも不正解」なのです。これは主に下記二つの理由によります。

①無償版と有償版の混同

正確には無償版はDaVinci Resolveであり、有償版はDavinci Resolve Studioという名称です。無償のDavinci Resolveでも殆どすべての機能を有しているので一般の方がする場合は大きな差異はないのかもしれません。しかしながら有償版でないとXAVCファイルの取り扱いが出来なかったりハードウェアエンコード(GPUエンコード)が出来なかったり4K DCI(4096×2160)以上をサポートできません。(無償版でも3840x2160の4Kは取り扱い可能です。)また、無償版の方はGPUの機能を制限しております。よって高性能GPUを搭載した場合の恩恵が有償版の方より実感でいないこととなってしまいます。

②取り扱う解像度の違い

Davinci Resolveは他の動画編集ソフトに比べ取り扱う解像度により動画編集用PCに求めるスペック差が非常に大きなソフトになります。よってHD以下をメインに取り扱う方は「高性能でなくてもOK」という事になり4K/60P以上を取り扱う方は「ハイスペックPCが必要」となります。

DaVinci Resolve におけるPCパーツ構成で重要視するべき項目

①GPU性能(特にグラフィックメモリ ( VRAM )の量)

DaVinci Resolveはグラフィックメモリ ( VRAM )の量が不足すると動作が非常に不安定になることが確認されております。最悪の場合は編集時にそのままソフトが強制終了してしまうことも考えられます。安定性が必要なプロフェッショナル編集者の方は特にグラフィックメモリの量に余裕があるグラフィックカードを搭載する事が肝要です。また、グラフィックメモリが不足すると顕著に動作速度が低下する事が確認されておりますのでグラフィックメモリ(VRAM)の量が最も重要な要素です。

②CPU性能(基本的には周波数よりコア数重視*ただし例外あり)

DaVinci ResloveではCPUのコア数が重要とされております。4Kの場合は16コア/32スレッド以上が推奨となります。ただし、HD以下なら4コア/8スレッドのCPUで十分です。また、FUSIONを使う場合はコア数より周波数依存の部分が多く3GHz以上の周波数を推奨となります。

③メモリ量(Windowsがシステムで使う分+VRAM容量以上は過剰になりえます。)

DaVinci Resloveではそれほどメモリの量は必要ありません。16GBでも一般的には問題ないのですが32GBを搭載することによりメモリがボトルネックになることを防げますので32GBが推奨となります。(他のソフトを同時起動やFUSIONを利用しないのであれば一般的に4K以下で32GB以上は無意味になると言って過言ではありません。)

④ストレージ速度

これは他の動画編集ソフトと同じですが高解像度動画を扱う場合はプロジェクトファイルの置き場にSSDを使う必要がでてきます。(4K以上はNVMe接続SSDを作業ストレージに推奨)

解像度 推奨グラフィックメモリ(VRAM) 推奨CPU性能 推奨システムメモリ量
1920×1080(FHD)以下の場合 4G(6GB以上がベター) 4コア(6コア以上がベター) 16GB~32GB
4K/60Pの場合 8GB(10GB以上がベター) 8コア(16コア以上がベター) 32GB
6K以上の場合 20GB以上 32コア(64スレッド) 32GB~64GB
備考 基本的に多ければ多いほどベター 周波数はFUSIONを使う場合3GHz以上のCPUを推奨 FUSIONを多用する場合は多めを推奨

GPUの複数枚構成に関して

Davinci Resolve(有償版)は複数枚のGPUを搭載することにより性能UPを図る事が可能です。ただ、近年は1枚でも優秀なグラフィックボードが出てきておりますので弊社では1枚での構成を基本としております。これは電力容量とも関係がございます。例えばRTX3080を2枚搭載しCore i9 10980Xを搭載した場合に概ね最大930W前後の電力をつかうシステムとなります。一見して1000Wレベルの電源を搭載すれば何の問題も起きなさそうですが、一般的にはざっくり最大電力の1.7倍~2倍程度の電力容量のある電源を搭載することがシステムの安定化や各パーツの長寿命化に寄与するとされてます。930Wx1.7~2倍ですと1581W~1860Wとなります。ところが通常に販売されてるPC用ATX電源は1500Wがマックスです。そしてこの1500Wという電源は一つのコンセントが出せる一般的な最大値になるからです。(100Vx15A=1500Wが一般的です。)さらに、同じ安全ブレーカー(子ブレーカー)から供給される他の機器の電力を0にした場合にのみ可能です。(ごく簡単に申し上げますと一般的な家庭では同じ部屋内で他の電気製品を使えないことになります。)

もちろん、GPU専用に電源を搭載する数百万以上のサーバー等での高性能GPUの複数枚利用は可能ですし、複数枚つかいながらも使用電力を制限してしまう方法もなくはなりませんが、いずれにしろ動画編集という現場においては中々に難しい方法となってしまいます。そこで当社では基本的にGPUは高性能な物を1枚搭載することを推奨させていただきます。

 

基本構成 

 

  Comstation for Davinci Resolve 4K Comstation for Davici Resolve HD
OS Windows Pro 64bit 同左 
CPU Core i9 10980X(18コア/36スレッド) Core i5 11500(6コア/12スレッド) 
メモリ DDR4 32GB 同左
グラフィックボード Quadro RTX 5000(グラフィックメモリ16GB) Geforce RTX3060
ケース ミドルタワー マイクロタワー
OSストレージ SSD 500GB(SATA接続) 同左
作業ストレージ SSD 1TB(NVMe接続) SSD 500GB(NVMe接続)
保存ストレージ HDD 6TB 同左
光学ドライブ BD対応ドライブ BD対応ドライブ
カードリーダー 内蔵USB3.0接続カードリーダー 内蔵USB3.0接続カードリーダー
参考価格 846,000円(税抜) 358,000円(税抜)
備考 有償版Davinci Resolve Studioを使い4K/60Pをメインに編集するプロフェッショナル編集者向け

無償版Davinci Resolveを使いFHDをメインに編集する方向け(*3840x2160の場合は30P以下を推奨)

 

可能な限りのカスタマイズに対応いたします。

基本構成の2種類で多くの方にご満足いただける構成としてますがFUSIONを多用したい、他のソフトと同時起動したい、4Kでも60Pでなく30Pをメインに取り扱いたい等によりDavinci Resolveの場合は無数にベストな組み合わせが存在するといっても過言ではございません。具体的な編集詳細がお決まりの場合や個別のカスタムをご要望の場合は可能な限りカスタマイズいたします。

出荷前検査

各パーツにこだわりを持って選定しているだけでなく当社では出荷前検査にも力をいれております。
各モデル共通にて最低下記テストが行われた後、出荷させて頂きます。

  • メモリ負荷テスト 8時間~72時間(搭載容量による)
  • CPU負荷テスト 48時間
  • グラフィック負荷テスト 48時間
  • その他、各種入出力ポート、デバイステスト

保証・サポート

ご購入後、1年間はセンドバック方式にて部品、作業費ともに完全無料にて修理対応いたします。

ハードウェア保証の他に映像編集ソフトフェア (EDIUS Pro 9、Adobe Premiere CC) の使い方、トラブルなどのサポートまで行います。

延長、有償サポート

2年目以降のセンドバック保証(ただし部品代は実費):本体価格の10%
訪問修理、設置サービス:30,000円(東京、神奈川、千葉、埼玉の各市街地。遠方は応相談。部品代実費)

お見積り・お問い合わせはこちらから