WindowsOS はWindows10になり WindowsXP,Windows7など過去のOSはメーカーサポートが終了することになりセキュリティー上危険があります。
そこで過去のハード、ソフト、ネットワーク、コンテンツ資産を最新の技術でより付加価値の高い環境に移行するサービスです。

パソコンの課題を解決します
  • セキュリティー上不安なので新しいOSにしたい
  • 今使っているパソコンのスピードが遅いので最新のCPUとOSにアップグレードしたい
  • WindowsXP,Windows7に対応している古いバージョンのソフトを生かしたい
  • 古いパソコンのソフトでつくったファイルがあるので新しいパソコンでも古いソフトを使いたい
  • パソコンを外部から操作できるようにクラウドに移行したい
  • パソコンを外部からアクセスして操作できるようにしたい
  • 古いパソコンを1台のパソコンにまとめて共有したい
  • データーを共有したい
  • 古いパソコンの下取りをしてほしい
  • ネットワークスピードが遅いので改善したい

サービスの特徴

  • ハードウェアーのアップグレードに対応します
  • 使用するソフトウェアのパフォーマンスを最大限発揮するようにパーツ(CPU,GPU,etc)のアップグレード
  • 古いOSからセキュアーな最新のOSに移行します
  • 古いOSのパソコンを下取りして新しいOSのパソコン上に仮想マシンとして再現します
  • ネットワーク環境を高速の10G接続に移行し、NIC及びスィッチ、ケーブルをアップグレードする
  • プレビュー用モニターの使用
  • ソフトウェア〜のバージョンアップ
  • 外付けハードディスクの共有サーバー、又はNASの導入
  • オンプレミスとクラウドのネットワーク環境をブリッジしてVPN接続する
  • パソコンを外部からVPN接続できるようにする
  • 社内のホストをリモートデスクトップでアクセスできるようにする
  • 古いパソコンをクラウド上に移行してどこからでもモバイルでもリモートアクセス可能とする
  • クラウド上に自動バックアップする
  • 分散しているサーバーを物理的に統合します
  • オンプレミスのサーバーをクラウド上に移行します

サービスメニュー

編集環境のマイグレーション

4K以上の編集を行うにはまず、お使いのマシンスペックが4K編集に対応しているかをチェックする必要があります。
使用するソフト、編集する素材のコーデックにより、マシンスペックは変わってきます。
ご使用のマシンが新しいもの(1-2年位)であれば必要なパーツをグレードアップすることで対応が可能になることもあります。
それより前の世代になってしまうと買い換えたほうが安くつく方が多いでしょう。

最低限の対応世代基準
CPU:Intel Core-i7 7xxx(kabylake)
CPUが上記以降の世代であればパーツのグレードアップで4K編集に対応させることが可能です。
大まかに4K編集に対応する場合の最低限のスペックを示すと
GPU:nVidia geforce GTX9xx(maxwell)以降
メモリ:DDR4 16GB
ストレージ速度:300MB/s
となります。

予算を基準に考えた場合

40万円コース

OS Windows 10 Home 64bit
CPU Intel Core i7 9700K 8コア8スレッド
メモリ DDR4 16GB増設可能(最大64GB)
グラフィックボード nVidia GeForce RTX 2060
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
OS&アプリケーションソフト用ストレージ 240GB SATA接続SSD
作業用ストレージ(プロジェクトファイル用ストレージ) 120GB SATA接続SSD
保存用ストレージ 3TB HDD
カードリーダー USB3.0接続 内蔵カードリーダー

推奨編集ソフト Grassvalley EDIUS Premiere Pro CC等

70万円コース

OS Windows 10 Pro 64bit
CPU Intel Core i9 7900X 10コア20スレッド
メモリ DDR4 32GB増設可能(最大128GB)
グラフィックボード Quadro P2000 or Geforce RTX2070(選択)
光学ドライブ BD ドライブ
OS&アプリケーションソフト用ストレージ 240GB SATA接続SSD
作業用ストレージ(プロジェクトファイル用ストレージ) 512GB SSD NVMe(PCI-e)接続 
保存用ストレージ 6TB HDD (3TB HDD 2台)
カードリーダー USB3.0接続 内蔵カードリーダー

推奨編集ソフト Grassvalley EDIUS Premiere Pro CC等

高度な編集環境

更に高度な編集環境を目指すのであればDual Xeon CPU搭載機がおすすめです。

Xeon Silver model
OS Windows10 Pro 64bit
CPU Intel Xeon Silver4116*2
24コア/48スレッド
メモリ DDR4 ECC Registered 64GB
グラフィックカード NVIDIA Quadro P2000
光学ドライブ BDドライブ
OS&アプリケーションソフト用ストレージ 480GB SSD SATA接続
作業用ストレージ(プロジェクトファイル用ストレージ) 1TB SSD NVMe(PCI-e)接続
保存用ストレージ 6TB HDD (3TB HDD 2台)
カードリーダー USB3.0接続 内蔵カードリーダー
筐体タイプ 19インチ 4Uラックマウント
W427xD560xH177.5mm
推奨編集用途 4k/60pネイティブ編集

Xeon Gold model
OS Windows10 Pro 64bit
CPU Intel Xeon Gold 6138 *2
40コア/80スレッド
メモリ DDR4 ECC Registered 64GB
グラフィックカード NVIDIA Quadro P4000(RTX 4000)
光学ドライブ BDドライブ
OS&アプリケーションソフト用ストレージ 480GB SSD SATA接続
作業用ストレージ(プロジェクトファイル用ストレージ) 1TB SSD NVMe(PCI-e)接続 
保存用ストレージ 6TB HDD (3TB HDD 2台)
カードリーダー USB3.0接続 内蔵カードリーダー
筐体タイプ 19インチ 4Uラックマウント
W427xD560xH177.5mm
推奨編集用途 4k/60pネイティブ編集

お気軽にお問い合わせください。0120-77-5609受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ

Load More

ソフトと編集するコーデックを基準に考える場合。

以下にコーデック(参考カメラ)と編集ソフトを兼ね合いとした重視する部分を記します。

XAVC (Sony業務用カメラ)600Mbps

EDIUS XAVCの肝になるのはデコード処理
圧縮されているデータを展開するにはCPUもしくはCPU内蔵GPU(i-GPU/Intel QSV)が有効
CPU:Core-i7 9700K

XAVC S(Sony民生カメラ)150Mbps

EDIUS XAVCよりはだいぶ軽いが傾向はXAVCと似ている
CPUもしくはCPU内蔵GPU(i-GPU/Intel QSV)が有効
CPU:Core-i5 9600

DPX(静止画連番)1500MBps(60p時)

EDIUS Pro/Premiere CC共通
DPXは静止画連番のため1枚あたりのフレーム容量が大きく転送速度を重視します。
HDDやSSDの転送速度を1ラインあたり1500MBps以上にまで上げます。
また、容量が大きくなりがちなのでそれなりの容量も確保しなければなりません。
NVMe SSD:2TB M.2接続 (Read3200MB/s)

H.264/AVC (.Mov.MP4コンテナ Panasonic業務用等)150Mbps

EDIUS デコード重視になりますのでCPUリソースなのですが、CPU性能が上がっていることから中堅CPUで大丈夫です。
CPU:Core-i5 9600

お気軽にお問い合わせください。0120-77-5609受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ

Load More

お気軽にお問い合わせください。0120-77-5609受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ

古いOSからセキュアーな最新のOSに移行します。
OSの進歩はシステムの向上だけではなく、セキュリティ性の向上も行っています。
古いOSを使い続けるということはそれだけで脅威に晒されていることになります。
情報の漏洩、ウイルス感染を防ぐためにも新しいOSをに変更することは必須です。
また、新しいソフトは古いOSに対して対応しなくなっていきます。
最新環境を使用するためにはOSも最新に保つことが必要です。
例:windows7 home64bitからWindows10 Pro 64bitへ変更+メモリ増設(8GB→16GB)
OS: Windows7 home 64bit → Windows10 home 64bit
メモリ: DDR4 4GB x2 → DDR4 4GB x2 + DDR4 4GB x2
価格(組換工賃込み): 49,000円

お気軽にお問い合わせください。0120-77-5609受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ

高速ネットワークで4K編集にも対応した映像編集NASシステム

渡り編集用ストレージ・バックアップストレージの1台2役

従来の映像用サーバーにはSAN(Storage Area Network)では通常に接続するとバックアップストレージとしての機能は果たす事ができても渡り編集(日によって編集者が空いている編集機を使い、編集者が決まった編集機を占有していない状況)への対応はできませんでした。これはSANでは各編集機に対してサーバー内の特定のエリアを占有で割り当てるからです。(専用ソフトウェアを導入することで可能にはなります。)もちろん、この方式にも良いところはあります。ブロックベースのアクセスになるのでファイルベースアクセスのNASに比べネットワーク負荷が軽く結果として転送速度が速くデータベースシステム、バックアップ / アーカイブなどの構造化データの管理に適しています。しかしながら編集用の共有ストレージとしての運用となるとファイルを共有できないのでは共有ストレージとしての魅力が半減してしまいます。QNAPはファイルベースのアクセスになりますのでもちろんファイル共有は可能です。また、NASでありながらSANと同じくブロックベースのアクセスも可能です。(「ファイルベースのアクセスエリア=共有スペース」として運用)と「ブロックベースのアクセスエリア=各編集機個別エリアとして運用」を同居させることも可能)
さらに10GbE高速ネットワークに対応する事で転送速度の問題もクリアしNASに保存した4K素材を10GbEネットワーク上の各編集機からの直接編集に対応、渡り編集にも対応し編集者の待機時間を大幅に削減いたします。(従来のLAN環境(1GbE)でもHD画質であれば直接編集に対応可能)

 

低コストで導入可能

QNAPのNASは、大容量で高性能でありながら、従来のサーバーに比べ大幅に安価に導入できるのがメリットです。映像用サーバーにはSAN(Storage Area Network)での接続が一般的でした。この場合、専用の光回線ネットワークを組む必要があり導入、運用時に高度なスキル・知識が必要なので専任の担当者を置くのが一般的で、また各種機材の価格も非常に高価格なため導入コストが数百万~数千万単位+専任エンジニア費用となり中小企業では導入をあきらめざる得ないが殆どでした。しかしながらでQNAPのNASは従来のLAN回線をそのまま使う事も可能です。(10GbE接続にはCAT6A以上のケーブルが必要。)さらに各種機材の価格も安価であり運用に特に専任のエンジニアが不要なため十万~数百万と圧倒的低コストで導入可能です。

安心の購入前相談&導入サポート

SANに比べ導入が比較的簡単なのは確かですが、やはりそれなりの知識や技術が導入には必要です。弊社では長年つちかってきた経験に基づきお客様に最適なソリューションの提案をさせて頂くと共に可能な限り弊社内でIP、RAID、ストレージプール、スナップショット等各種設定後に発送させて頂きますので多くの場合、お客様は機材を接続して電源を入れるのみでご使用いただけます。(どのような設定が必要か不明なお客様も多いと思われます。その場合、弊社にご相談いただけましたら弊社にて最適機種および設定をご提案いたします。)また、現地にお伺いしての設置設定も可能ですので必要な場合は別途ご相談ください。

映像編集用NASシステム

お気軽にお問い合わせください。0120-77-5609受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。0120-77-5609受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。0120-77-5609受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ

Load More

編集環境のリノベーション

企業活動において最も大切な事の一つがBCP/DR対策(事業継続及び災害復旧)です。身近なところではウィルス感染やランサムウェア対策から大規模な地震や津波等の自然災害の被害が起きた場合に如何に事業をスムースに継続/復旧させることができるかという対策になり、中小企業から大企業まであらゆる規模の事業で対策レベルは違えども必要な対策です。

BCP/DR対策でもっとも重要なのは言うまでもなくシステムやデータのバックアップとなります。中小企業でも多くはUBS接続HDD等に重要なデータのバックアップを取られてるかとは思われますが実際に被害にあった場合にそれだけではBCP/DR対策として極めて不十分なのが実情です。

例えば・・・データはあるがそれを読み出すPC自体がウィルスやランサムウェアに感染しており読み出す為のソフトが起動できない場合はどうでしょう。また、手動で行ってる場合など結局毎日行わずデータが古すぎて最新データの欠損などが日常茶飯事なのが実情です。通常ですとHDDをフォーマットしてOSを再インストールしなおして対応ソフトをインストールさらにはネット環境の再設定等が必要なになり決してスムースな事業継続という訳にはいかず規模によもよりますが数日から一か月程度は従来の業務に集中できないでしょう。

また、地震や津波等の大規模災害の場合は「物理的に離れた場所にバックアップをとる」という更なる対策が必須です。地震や津波の場合にはいくら社内に爆アップサーバーを立ててもそれが物理的に破壊されてしまってはバックアップの意味をなしません。

そこでBCP/DR対策において最低限必要となるのがクラウドサーバーによるバックアップとなります。データの保全性、情報漏洩という観点からみた場合は圧倒的にNASや外付けHDDを利用したオンプレミス環境より安全度は高くなり、復旧の可能性もあがります。また、この場合はデータをバックアップするという一般的なクラウドだけでは不十分でありOSを含めたシステム全体をバックアップすることがよりスムースな復旧に効果的です。

BCP/DR対策においての最低限のバックアップがクラウドによる”システム全体のバックアップ”なら追加であると良いのがNASによるオンプレミス環境のバックアップ。一見するとデータの保存性、情報漏洩対策にすぐれたクラウドバックアップだけで良さそうですがNASによるバックアップを同時運用することにより結果的に運用コストを下げたりより小回りの利くバックアップを設定することが可能です。特に各社員が各PCを個別にバックアップをとる必要がある場合は基幹システムと重要データはクラウドにバックアップ。各PCのデータに関してはオンプレミスのNASによるバックアップをする等の運用によりネットワーク負荷を下げるだけだなくクラウドの運用料金を抑制することが可能となります。

お気軽にお問い合わせください。0120-77-5609受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ

4K映像を編集するにはHD編集環境からマシンのパワーアップが不可欠です。
CPU、GPU、ストレージなどのスペックを素材に合わせたセッティングにしなければなりません。
例:XAVC 600M対応編集システム
CPU: Core-i7 3770K → Core-i9 9700
メモリ: DDR3 4GB x2 → DDR4 8GB x2
GPU: nVidia Geforce GTX1070 → nVidia Geforce GTX 1070
HDD: 1TB HDD → 1TB HDD + 512GB NVMe SSD
価格(組換工賃込み): 210,000円

お気軽にお問い合わせください。0120-77-5609受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。0120-77-5609受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ

PCの乗り換え時に旧機種をイメージ化してバックアップします。
新たなPCを購入するけれど、旧環境を残しておきたい。しかし、旧PCが怪しいなど旧環境を保存しておきたい方におすすめです。
旧環境を残しておけない場合にもイメージバックアップしておけば必要なときに展開することが出来ます。
例:今まで使用していたHD編集機をイメージバックアップする
新規購入時の旧マシンのイメージバックアップオプション

お気軽にお問い合わせください。0120-77-5609受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ

      

VPN 事例1

VPN 事例2

VPN 事例3

VPN 事例4

お気軽にお問い合わせください。0120-77-5609受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ

 リモートデスクトップ
  インターネット経由でVPN 遠隔地での編集
  仮想ホスト <ー シンクライアント

お気軽にお問い合わせください。0120-77-5609受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ

 DAS ー> NAS
  DAS ー> IPSAN
  1Gネットワーク ー> 10Gネットワーク thunderbolt3 10G switch 、40G switch、配線工事

お気軽にお問い合わせください。0120-77-5609受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ

Load More

対応パソコン

  • WindowsXP
  • Windows7
  • Windows10
  • WindowsServer
  • NAS

処理の流れ

  1. お問い合わせ
  2. 古いパソコンの引き取り
  3. お見積もり
  4. マイグレーション作業
  5. 納品

価格

CPU交換 ¥20,000~
メモリ増設 ¥5,000~
GPU交換/増設 ¥20,000~
OSの変更 ¥30,000~
古いマシンを新しいマシン上に仮想化して展開 ¥50,000~
10GbE NICカード追加 ¥30,000~
SDI,HDMIカード追加 ¥35,000~

お気軽にお問い合わせください。0120-77-5609受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

お問い合わせ