4K映像素材のリアルタイム編集に対応。プロフェッショナルの為の超高速ワークステーションComstation シリーズ。

4Kノンリニア編集機のComstation X

修理のお申し込み、スペックアップのご相談

修理のお申し込み、スペックアップのご相談

ノンリニア編集機 Comstation 修理のお申し込み・ご相談

故障かな?と思ったら

音の種類によってトラブルの場所が異なります。
カッコン・・・カッコン・・という音であればHDDのヘッドの劣化
回転体の音であれば各部の冷却FANなど
キーンと言う高周波であればGPUや電源などのコイル鳴き(故障ではありません)
その他、ケーブルがファンにぶつかっているなどがあります。
上記を参考に判断してみてください。

断片化されたファイルにより、動作効率が下がっている場合はHDD搭載機であればデフラグをしましょう。
SSDはデフラグの必要はありません。
PCはのスペックよりも大きなリソースを使用するソフトを動かしていたり、幾つかのソフトを多重起動した場合、メモリやCPUのリソースが不足し動作が遅くなる場合があります。
快適な動作環境を求めるのであればメモリの増量やCPUのアップグレードをおすすめします。

しばらく放置し、様子を見ます。
CPUが100%稼働状態であれば、処理が完了後に正常に動く場合もあります。
熱による暴走も同様の症状が出ます。
排気、吸気ファンの付近15cm程度は開けておいてください。付近の障害物で吸排気効率が下がる場合があります。
冷暖房風が排気ファンに直撃し、排気効率が落ちてケース内温度が上がる場合があります。
ホコリ詰まりなどが原因でケース内温度が上昇します。
メモリ不良のエラーにより、動作が停止することがあります。
他、様々な要因が考えられるトラブルです。
ホコリを取り除いたり、HDD搭載型の場合はデフラグを行ってみてもいいでしょう。

スタートアップ修復などがかかった時に陥ることがあります。
正常に起動できなくなったWindowsが自己修復に入り、そのまま終わらない状態。

ハードウェアまたはシステムに重大なトラブルが起こっています。

内部のOSが入っているストレージトラブル
USBデバイストラブル
マザーボード故障
メモリ不良
などが疑われます。
USBにマウス、キーボード以外が接続されている場合、一度全部外してみましょう。

全く何も反応がない場合、電源関係のトラブルが主です。
コンセントにプラグが入っているか
タップを使用している場合にはタップのスイッチが入っているか
PC側に電源ケーブルが刺さっているか
PC側電源ケーブル付近のスイッチ入っているか
(スイッチは◯・ーが描かれていますが”ー”がONです。)
上記をチェックし問題なければ電源ユニットの故障の可能性が高いです。

主にグラフィックチップの故障時に現れます。
こちらもPCのグラフィック出力からケーブル、ディスプレイまでを疑い、切り分ける必要があります。

電源ランプはONで点灯しているし、ファンなども動いているが画面が表示されないという場合は、グラフィック出力のトラブルが主な原因である可能性が高いです。PCのグラフィック出力からケーブル、ディスプレイまでを疑い、切り分ける必要があります。
画面をよく見ると、暗い状態でうっすら見えるのであれば液晶モニターのバックライト故障

Load More

Load More


Comstationの修理・メンテナンスサービス

・編集ソフトの動きがおかしい
・いつもどおりやっているのに同じ動作をしない
・画面がちらつくようになった
・以前と同じ素材を再生したらスムーズに動かなくなっていた
・電源が入らない
など、ちょっとしたことから起動不能まで原因解明、修理、メンテナンスを行います。

グレードアップサービス

・素材が上手く動かない
・エンコードの時間を短縮したい
・ファイルの転送時間が長い
マシンの導入から時間が経つと、新しい物は後継に合わせてセッティングされるのでどうしても不自由になりがちです。
弊社では既存のマシンのパーツを活かしたグレードアップにも対応します。
※全てのPCに対応できるわけではございません。

ソフトウェアキッティング

新しい編集ソフトを入れたい、編集ソフトのプラグインがほしいなどソフトをあとから入れたいという方向けのソフトウェアキッティングも行っています。
ソフトインストール後は当該ソフトを使用する一連の流れにてソフトの検証を行います。

ハードウェアキッティング

メモリが足りない、入出力端子を追加したい、ストレージを追加したいなどマシンそのものの機械的な追加にはハードウェアキッティング。
カメラを買い換えたらSDカードリーダーなど入力方法が必要になったり、マスターモニターを使用する際SDIの出力が必要になったり、映像編集用のPCを作ってきたからこそできるハードウェアの追加、検証を行います。