4K映像素材のリアルタイム編集に対応。プロフェッショナルの為の超高速ワークステーションComstation シリーズ。

4Kノンリニア編集機のComstation X

サポート

ノンリニア編集機 Q&A

編集機Q&A

●編集機一般
Q.エンコードに時間がかかるのを改善したい。
A.基本的にエンコードはCPU性能に依存するのですが、エンコードを行うソフトの設定次第ではGPGPU(CUDA)をご使用いただけたり

、クイック・シンク・ビデオ(QSV)をご使用いただく事により改善する可能性がございます。(GPGPU機能には対応したGPUボード、

QSVには対応したCPUが必要になります。)

Q.ComstationシリーズではOSエリア、作業エリア、保存エリアとストレージを分けてますがなぜでしょうか?
A.一般的にOSエリアと保存エリアを分けているのはOSのストレージが故障した、なにかしらの理由により再インストールが必要になった

場合に作成済みデータを失わない為です。また、作業エリアと保存エリアで別々のストレージを推奨させていただいてる理由は動画編集

作業では作業エリア(素材、プロジェクトを一時保管場所)と保存エリア(エンコードしたファイルを吐きだす先)を物理的に分けるこ

とによりエンコード時間の短縮されるためです。

Q.今使用しているPCをグレードアップしたい。
A.可能です。弊社ではお客様の目的に合わせたチューンナップのアドバイス及びキッティング作業を行っております。
CPU,GPU、メモリ、ストレージなど基本的な部分からカードリーダー、4K対応のSDI入出力まで幅広く対応いたします。
キッティング後の検証も万全です。

●4K/60P関係

Q.4K/60Pネイティブ編集するのにどれくらいのメモリが必要でしょうか?
A.編集ソフトによって使えるメモリの量がかわります。弊社テストではEDIUSでは16GB以上、Adobe社の Premiere pro ccやAfter

Effect では32GB以上でXAVCファイルの4Kネイティブ編集に大きな問題はでない結果がでております。なお、EDIUSの場合は16GBを

32GBに増やしても性能の上昇はみらないのですがPremiereの場合は基本的にメモリを増やせば増やすほど性能向上いたしました。(ソ

フトのバージョンアップにより今後変わる可能性もございます。)

Q.4K/60Pネイティブ編集を快適に編集するのに必要な性能は?
A.何を持って快適とするかという問題がありますがもっとも4Kで普及しているXAVCフォーマットのファイルであれば弊社ではCore i7

7700以上のCPU、GTX-1060(6GB)以上、メインメモリ32GB以上、作業エリアにSSDが搭載されているパソコンであれば経験上特に

不都合がなく4Kネイティブ編集を行っていただけると考えております。
(DPXファイルやRAW等の所謂重たいファイルを編集する場合は別途ご相談ください。)

Q.4K/60P対応モニタ、4K/60P対応の編集機なのに4K/60Pの表示ができない。
A.4K/60Pの画面出力を行うには対応モニタ、対応編集機を適切な方法で接続する必要があります。HDMI2.0以降で接続するかDP

(Displayport)1.2以降で接続してください。DVI接続やVGA接続では対応できません。

●EDIUS関連
Q.EDIUSを新しいパソコンに移したい。
A.EDIUS(EDIUS Pro 6.5以降)を現在お使いの編集機から新しい編集機に移し替える場合、現在お使いの編集機のGV License

managerでライセンスを解除する必要がございます。
詳しくは下記をご参照ください。

EDIUSのライセンス解除方法

なお、EDIUS Pro 6以前のバージョンであれば新しい編集機にインストールしたうえで
付属していたUSBドングルを刺していただければそのままお使いいただけます。

EDIUSでディスク書き出し時に項目がグレーアウトしてクリック出来ない。
EDIUS Pro 8より前のVer.をお使いの場合、ディスクに適合するプロジェクト設定がされていないと書き出しを選択できなくなります。
フィールドオーダーは編集に入ってしまうと変更できませんのでご注意ください。
EDIUS DVDとBDの書き出しプロジェクト設定
ブルーレイディスクへ出力できる主なプロジェクト設定
1920×1080 / 29.97, 25.00 / 上位フィールド
1920×1080 / 23.98 / プログレッシブ
1440×1080 / 29.97, 25.00 / 上位フィールド
1440×1080 / 23.98 / プログレッシブ
1280×720 / 59.94, 50.00, 23.98 / プログレッシブ
720×480 / 29.97, 25.00 / 上位フィールド
720×486 / 29.97, 25.00 / 上位フィールド
720×576 / 29.97, 25.00 / 上位フィールド
DVD へ出力できる主なプロジェクト設定
1920×1080 / 29.97, 25.00 / 上位フィールド
1440×1080 / 29.97, 25.00 / 上位フィールド
1280×1080 / 29.97, 25.00 / 上位フィールド
1280×720 / 29.97, 25.00 / 上位フィールド
720×480 / 29.97, 25.00 / 上位フィールド
720×486 / 29.97, 25.00 / 上位フィールド
720×576 / 29.97, 25.00 / 下位フィールド

必要なウインドウが見つからない/いつもあるウインドウが消えた
極稀に何も操作をしていないのウインドウの配置が変わってしまう場合があります。
ディスプレイの枚数を変更した際にも起きやすい現象です。
その場合、メインメニューの表示からウインドウレイアウト、初期化を選択することでウインドウレイアウトが初期配置になります。
変更が必要な場合はウインドウを変更ご登録しておくと便利です。